中野一輝税理士事務所
月報

 確定申告はお早めに


 3月に入り、いよいよ春が近づいてきた実感が湧いてきました。改めて、3月15日は所得税及び復興特別所得税、そして贈与税の確定申告期限、4月1日は個人事業者の消費税及び地方消費税の確定申告期限です。くれぐれも申告期限までに申告してくださるようお願いします。



 ところで、この確定申告期間中は、各税務署の混雑は相当のものです。金沢国税局管内の税務署では、とくに金沢税務署の混雑ぶりは大変なものです。先日も金沢税務署職員と話しをしていると、税務署の駐車場へ入るのに1時間待ち、そして税務署の中に入ってからの相談会場でも1時間待ち、という状況のようです。特に県庁所在地署の混雑ぶりは、北陸3県とも大変なようです。そのような状況を踏まえ、国税庁では、税務署の混雑緩和に向けて、電子申告を推奨しているところです。

 特に、給与収入のみの会社員で、申告するのが医療費控除や寄附金控除だけなら、平成30年分から始まったスマートフォン(スマホ)申告が活用できます。電子申告には「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」がありますが、スマホでは現状、「マイナンバー方式」は使えないので、ID・パスワードを入手する必要があります。

 ID・パスワードは、税務署で職員と対面し、本人確認後に発行してもらえるのですが、住所地の管轄税務署ではなくても、職場近くの税務署でも手続きができます。小規模の税務署などは比較的空いているので、出張などで出かけた際に、最寄りの税務署へ出向き、そこでパソコンに必要事項を打ち込んで電子申告の開始届を提出し、税務署員に運転免許証などで本人確認が終わると、ID・パスワードが発行されます。手続きには、それほど時間を要しないようです。あとはスマホ専用画面に源泉徴収票、医療費や寄附金の領収書などを用意して金額を入力します。氏名、住所、マイナンバーなども入力して送信すれば申告完了です。

 スマホ初心者の小生も試しにやってみましたが、税務署でスマホ用のID・パスワードを発行してもらっていなかったので途中で進めなくなりましたが、スマホの扱いに慣れた方なら簡単にできそうです。機会があればやってみる価値があるかもしれません。

 とにかく3月の第3週(11日〜15日)の税務署は大変な混雑となります。早めに準備して申告してくださるようお願いします。

 なお、当事務所の職員も忙しく仕事をしておりますので、確定申告に必要な書類を速やかに用意していただきご依頼されるようお願い申し上げます。


  バックナンバーへ
アクツナカノ会計グループ 〒920-0932 石川県金沢市小将町4番18号(兼六園下小将町中学校横)
TEL 076-221-1415  FAX 076-232-1414
E−mail kanazawa@nakanoac.com